BLOG

ナメクジのあしあと ロンドンの花とか… いろいろ通信

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

Spanish Dinner

少し前の話です。

 

7月のブログでもご紹介させていただいた、ディナーのお返しにと本日は先方から『Spanish Dinner』のお呼ばれ。

ロンドンとスペインを常に行き来している3人のスペイン料理、どんなかな〜、楽しみにでかけます。

 

まずはお手製のメニューを渡されます。

 

 

 

スペインの食前酒といえば、シェリーです、と『La Guuita 』。『糸』という意味のこのシェリー、ボトルの飾りに糸が添えられています。

スペイン産のチーズ、イベリコ豚のハムにオリーブと相まって、もしかして、私シェリー好きになるかも、と思わせるほど。メニューの簡単な解説があり、どんどんわくわくが高まります、食前酒の楽しみ方ってこういうものだと実感です。

 

 

 

 

まずは、Ajo Bianca 。アンダルシア地方の郷土料理、そしてMannuelのママの味の冷静の白いスープ。ガーリックとパンが入っていて、聞くとこってりしてそうですが、サラサラなあっさり味のスープ、もちろんにんにく〜。この日は9月なのにまた夏が戻ったかのような暑さで、ぴったりのスープです。

 

 

続いて、Tortilla (スパニッシュオムレツ)

具材はカリフラワー! 通常はじゃがいもが多いそうですが、オリジナルレシピ。秘伝のインドの香辛料も入っているそう。

 

これがとても軽くって風味もあっておいしい。

 

 

Chile Poldano Relleno 。初めていただくものにどれも楽しみで、さっと写真を撮らせていただきます。

 

これはスペインというよりメキシコ料理だそう。日本のピーマンより大きなChile Poldano と呼ばれる唐辛子の中に詰め物をし(本日はチーズ)フライにしたもの。チリの効いた特性のトマトソースと共にいただきます。辛いかなと思ったらマイルドな辛さ。

このチリ、ロンドンではなかなか手に入らないものだそうで、わざわざこの日のために市場まで買いにいってくれました。

 

 

 

パエリアはTania作。べリダリアンと魚介たっぷりの2種類をわざわざ準備してくれます。べリダリアン用はペッパーが効いています。仲良しのTaniaの作品はキッチンまで見学に。

 

 

 

魚介たっぷり、完成前の直前に。

 

 

この後、まだまだ2品が残っていたのですが、ナメあしたちそして彼らの胃袋も限界に達し、お土産用に急きょ変更。

締めには食後酒とチョコレートをいただき家路につきました。幸せなおなかいっぱい!な夜でした。

 

心のこもったおもてなしに感謝、食いしん坊の同僚に感謝です。

 

 

 

| comments(0) |

COMMENTS

POST A COMMENT