BLOG

ナメクジのあしあと ロンドンの花とか… いろいろ通信

ARCHIVES

MOBILE

qrcode
2016.02.24

Snowdrops 2016



2月、仕事的には大忙しのバレンタインデーがありますが、自称スノードロッパーのナメあし、やっぱりの最大行事は『Snowdrop』、外せません。

毎年毎年でかけているので、色々な人からも「この場所いいよ」と秘密の場所を教えてもらったりしています。今年はずっとずっと行きたかった場所、でも調べればかなり遠い場所へ、とうとう念願かなって宿泊付きで決行です〜。

行き先は、英国南西部のExmoorにある『Snowdrop Valley』。ロンドンから車で片道4時間強と、なかなかなスノードロップ狩りです。

Valley=丘。改めて「丘って何?」と辞書で調べます。『スノードロップの丘』なんて素敵! それにしてもどんな丘? 険しいのか、山なのか、登山靴が必須なのか…? イマイチ情報が少なく、最後には結局とりあえず行ってみよう、です。下調べをしてくれた2号が「コースは『ショート』『ミディアム』『ロング』と3つあるよ」と。ロングはかなりの長時間のようで、2号はちょっと弱気です。「どうしたい?」と言われましたが、そんなのロングに決まっています!、よね?


車を停めると、玄人さんたちが、それぞれの山登りの恰好で、どんどん同じ方向に向かいます。英国人の良いところは、恰好を気にしない人が多いことなので、ナメあしたちも「それなり」の恰好でそちらについていくと、いきなり谷に向かって道しるべがあります。



この日は曇り空、そしてとても寒い。前日に雨が降ったのか、足元はぬかるんでいます。






周りの景色を楽しみたいのに、足を気にしないと歩けないほどです。





美しい枯れ葉の霜模様。





長く歩いて休憩です。チョコレートとアメ、持参しました。

2号の杖は、森の中で見つけた拾いもの。ナメあしも使いました。これがあるととても便利。ベテランの方はスティックを持参されていました。

でも、あれ? 歩いてもスノードロップがない…。ええええ、大丈夫かな?不安になります。

いつもどこの場所に行っても、スノードロップが一株だけでも見えたりして、どこかしらにそれを感じられるのですが、ここは…。確かに谷を歩いているのは間違いないのですが…。





しばらく歩いて、小川。スノードロップのサインです。





スノードロップが広がっています!





谷なので、少し先を見上げてみると、雪がふっているような錯覚に。これが名前の由来、『スノードロップ』なのですね。





上から見下ろします。

美しさにひきこまれて、ちょっと危険をかえりみず降りてみます。





同じ場所、スノードロップ目線です。






スノードロップ摘みは禁止。もちろん、わかっています!

こんなに可愛い手書きだと良いですよね。





谷の上から2号を発見。

2号もとうとう、スノードロッパーになっちゃいましたね。




少しすると風がでてきて、躍動感あるスノードロップに。





谷を上がったり下がったり。






山(丘?)の一番上まできたようです。

ここでスノードロップともお別れ。またひたすら谷をうねうね、歩きます。





大きな杉の木。





遠くに海が見えます、急にお天気も良くなってびっくり!





民家の近くを通ると、庭先にスノードロップが咲いています。太陽の光を受けてのドロップたち。

谷の中は電波が通らずでしたが、このあたりからメールが入ってきます。明日の朝一の仕事のこと…。

現実逃避はここまで、です。明日からまたがんばろう、今年も堪能、また来年まで、です。


| comments(2) |

COMMENTS

  • 御無沙汰しております。
    待ってました!スノードロップの記事!!
    今年は山歩き編なのですね。スノードロップは水際に咲いているものなのですか?
    ここだけ別世界のようですね。
    一度は絨毯の様に群生したスノードロップを見てみたい。
    と思いつつ夢だけです。
    また来年も楽しみにしています。

    | のあ | 2016/02/25 6:49 AM |
  • のあ様

    のあさんのことを思ってアップいたしました、見ていただきありがとうございます。
    スロードロップの近くには必ず小さな川などが流れているように感じます。本当にここだけ、バリーの中の一部になるのですが、別世界でした。
    また素敵な場所を探します。

    | ナメあし | 2016/03/03 1:01 AM |

POST A COMMENT