BLOG

ナメクジのあしあと ロンドンの花とか… いろいろ通信

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

The Grand Eggstavaganze @コベントガーデン

 
少し前のブログでお話したように、イースターに合わせて、2月下旬から始まったチャリティーイベント。市内に置かれたビッグエッグたちは、イースターホリデー期間にコベントガーデンに大集合。

もちろん、出かけます。





イースターホリデー初日の金曜日の朝、静かな朝に、と出かけるはずが、コベントガーデンは既に沢山に人。 

そして、見えますか、エッグの大群!!






ここにフィナーレで集まるなら、街中ハントしなくてもよかったかな、と思いつつ。「これ見たね」とか「このエッグ見つけたかったね」と1つずつゆっくり観察。
ところで、みなさん、この中に愛しの『ウォーリーエッグ』がいます、わかりますか?






やっと会えました。

Where's Wally?
by  Martin Handford






Birdie
by  Delelza Hill

このTee up、とびますかね?






Spring
by Rebecca Campbell


春の花、、チューリップ、スノーフレーク、Fritillaria(バイモ)、Solomon's Seal(アマドコロ)などなど春の個性的な花々が勢ぞろい。





中心のエッグたち以外にもエッグは飾られていますので、注意深く歩きます。

Baaaaaーbara
by  The Goring






Clourful World
by  Paola Minekov

せっかくなので日本を探します。




う〜ん、ちょっと惜しい!







建物の中にも。
ハンギングされているエッグ。なかなか趣があります。





The Prep Egg
by  Tommy Hilger





ガラス越しで見えにくいのですが。

The Gentleman's Egg Trunk
by Steven Miller for Tumbull & Asser






シティーにあるThe Gherkinビルですね。

Ascension
by  Caio Locke & 3D Eye





今日現在ですべてのエッグのチャリティー・オークションが終了。


Eggsquist London
by  Paul Kenton






このイベントのすごいところは。子供も。





大人も。





うさぎも。




犬も。





あれ?近づいてみると、本物なので。ねずみも。

みんな楽しめること。





人々のファッションも楽しみ。
でも2号が、ベストドレッサーを見つけます。










可愛いウォーリーです。





お付き合いいただいてありがとうございました。



| comments(2) |

My Last Eggs  83-90


いったいナメあし自身いくつエッグハントできたか、せっかく集めたエッグは全部公平に?ブログに残したい、ということで、これが最後のエッグです。

デパートSelfridgeの中にも沢山エッグがいることをHannahから教えてもらい、早速出かけたところ。このイベントを紹介するコーナーがありました。




The Alpha Egg of London
by  Joannne Holbrook


グッズなんかも色々売られていて。しかも公式マップもありました、これにきっとエッグハントが楽しくできるように記されているのでしょう(ナメあしはもちろん見ませんでした!)





その横には白いエッグ。これは売られていて、自由にデザインできます。






そしてミニチュアのエッグが売られています。実はこのウォーリー(ウォーリーを探せ)エッグは、スペシャルエッグで、この期間中に毎日移動する、まさに『ウォーリーを探せ』で、かなり話題に上がりました。ナメあしはこれを見たくてはじめたのですが、結局会えず…。・





プラスティック素材がおもしろいこんなエッグ。





Walt & RObi
by Physical Pixels


そしてその横には。






フエルト素材!





Robi & Walt
by  Physical Pixcels

なるほど、似ていると思ったら作者が一緒ですね。






このエッグ、切り絵アーティストRob Ryanのもの。
繊細な作品、切り絵ならではの独特な文字、街のあちこちで作品を見かけます。

The Birds Promise
by  Rob Ryan








Food Hall(食品)の横には、お花屋さん The Real Flower Company。ガーデンローズ中心に扱うこのお店、Hannahが働いています。


SELF EGGSPRESION
by Selfridges



デパート内はこれで終わり。
あとは残りラスト3!






Bond Streetのほぼ真ん中にいました。


Hatch
by Natasha Law







こちらもその近く。


All The Kigs Horses
by  Joannna Moore





そしてこちらは、ホテルCLARIDGESのバーの入口頭上に。
いつもこの角を車で通るたびにここは撮りにこないと、と思っていたところ。
最後の撮影になりました。






ところで、あまり気にしていなかった、写真中央上の白い紙。

よーく見ると。イベント終了翌々日より、9日まで『The Grand Eggstavaganze』と題して、コベントガーデンにてエッグが大集合するそうです。

え?一気に見れるならエッグハントする必要なかったような…。いえいえ、十分楽しみましたし、是非に嫁入り前のエッグたちを見届けたいと思います。


| comments(0) |

The Farberge Big Hunt 2012 62-82


イースター前の先週の日曜日、この大きなエッグのイベントは終わりました。
今日と明日は、アップしそこねていたエッグを最後に紹介させていただきます。




まずは、3月上旬にお友達と出かけた、チェルシー周辺で。

いかにも、なエッグですね。


Union Jack
by  Mark Shand




こちらは上のエッグのすぐ近くにひっそりと飾られていたエッグ。

Pandora
by  Martin Aeling







Sloan Square駅をでてすぐにあるこのエッグ、人気者でした。





Seraphina
by  Natasha Mann





駅前のスクエアの中、噴水の横に。


Peacock in his Pride
by  George Butler





OVO
by  Fourfoursixsix






Time to Bloom
by  Natalie Guy





Cocomayaにお茶をしに行ったときに見つけたエッグ。

Charm
by Spina Designs



そしてこの日は、午後からLiibertyに用事があり、ウエストエンドに場所を移します。






Regent Streetから一本入った細道に、ひっそりと。

When I Grow Up
by  Anna Masters





あるかな、と思って立ち寄った、子供が大好きなおもちゃ屋さん、Hamleys。なんと頭上とは!

Eddie the Egg
by Jon-Paul McCarty





Liberty横にも。可愛いポストボックスです。

Egg Letter Box
by  Benjamin Shine




そして、やっぱりLiberty。
ナメあしのお気に入りのコースはまず最上階の家具のあたりからスタートです。

見つかりますか?エッグがいますね。






Precious Pussies
by  Silken Favours






リバティープリントではないのですが、何だかとてもリバティーらしいエッグでした。





Libertyを見過ぎてすっかり日が暮れています。そして出口にも。



It's What's Inside That Counts
by  Hazel Nicholls






Liberty横のCarnaby streetへ、やっぱりエッグがいました。


Rock the Casbah
by  Josh Stika





レストランの横にも。

いつもエッグを撮影する際にはその下にあるボードも一緒に撮影していて、名前と作者を記していたのですが、これだけ撮影していませんでした…名前がないのが残念!






流行りのチャイニーズレストラン cha cha moon横にも。

My nameless Egg
by Micheal Eden




後ろの壁画と相まってなんだか素敵なこのエッグ。

Sad Happy Frog Egg
by Gary Card










この写真2枚のエッグは、このエッグハントのエッグにカウントできるのか微妙なエッグだったのですが、エッグハントしている人に聞いてみると、そうだよ、とのことだったので、アップしました。





日の仕事帰り、2号と待ち合わせ前のフォートナム&メイソン付近で。

Don't Break the Egg
by Patrick Mavros





Fortnum & Maisonのウィンドーディスプレイの中にチョコレートのエッグを発見。
ガラス越しであまりにきれいに映っていないのですが、美味しそう〜。

The Gorlden Speckled Egg
by William, Suzue Curley & team

よーく見ると、リッチモンドにあるチョコレートショップのチームでした!







憧れるものが多いLINLEY。
まさかと思ったら、すっぽりとさりげなくショーウィンドーに。






The Linley Britannia Egg
by Linley


なるほど、お店がデザインすれば、はまりますね。
いつの日かナメあしもエッグではなく素敵なものをビスポークしてみたいものです。


もう1日だけ続かせてくださいね。



| comments(0) |

The Farberge Big Hunt 2012 52〜61 in Canary Wharf





ロンドン東部にある大規模ウォーターフロント再開発地域、Canary Wharf。
シティと並ぶ国際的な金融街。主要銀行の超高層ビルが何本も立ち並んでいて、ホテルやレストラン、ショップが多々あります。


友人から「このエリアでエッグを見かけたよ」と情報をもらったので早速出かけます。
数年前までは活けこみで毎週月曜日に必ず来ていたのですが、とても久しぶりのこちら。
更に新しいお店が増えて雰囲気が変わって。写真で見ると、天王洲アイルのあたりのような…。





すぐに見つけたこのビリーヤードの8番エッグ。

The Eight
by  Bull







2号が気に入ったこのエッグ。「お金に余裕があって、巨大なガーデンがあったら(ここでもう買わないことがかなり限定されていますが)絶対にほしい「」とのこと。

It is but it isn't
by Andy Sturgeon






The Rudley Scott Egg
by Sir Rudley Scott






実は今日のエッグハント、なかなか大変。

いつもならば、見渡せば次のエッグが見えたりなのですが、全くもって気配なし・・・。ビルとビルの間も間隔がありすぎて、ヒントなしに歩くのは無謀なのかもしれない…とあきらめかけるとこんな感じに見つけます。

Origin
by Petr Weigl




 
ローズとすみれのチョコレートが有名な、チョコレートショップ、Charbonnel et Walker内にチョコレートエッグを発見。
2号撮影のため、珍しく?ナメあしが写っています。

Rose Violet
by Charbonnel et Walker






オフィスがお休みの週末とあって、のんびりした時間が流れます。






左のメンバーは地図を片手に。

Dracossoma Umbrostigma
by Roger Dean




2号がこっそり、サイトをチェックしています。(便利なサイトはここからどのくらいの位置にエッグがあるとヒントを表示してくれるそう)

かたくなにヒントを見ないというナメあしが別の方向を歩きだすと、軽く首をふってくれて。
そしてこんなすみっこにあった、エッグにたどり着けます。





Morgan Stanley 前に。

Phoenix
by Nilesh Mistry






ビルの地下で発見。





The Anatomy of a Building
by Grimshaw


タイトルは、ビルの解剖。ビルを作るもの、という意味でしょうか。




暗くなってきたので、そろそろ帰ろうと、駐車場に向かって歩きだしてまた発見。

The Golden Cosmic Egg
by  Andrew  Logan








| comments(6) |

The Farberge Big Hunt 2012  25〜51



今日もまた、このエッグにお付き合いください。



ハロッズのあるBrompton Road 沿い、工事中の建物のこんなところに。





タマゴが先に見つかり、そのタマゴを紹介する掲示板のほうが見つからず…。でも間違えないでしょう。






お天気もよいので、そのままMayfairまで歩きます。
まずは、5つ星のホテル The Dorchester前に。

Egg 
By Sir Peter Blake






A penny for your thoughts
By Jane Morgan





よく見ると、英国の通貨、1Penny!!






プライベートクラブの GEORGE。

ON/OEUF
By Oliver Clegg






シーフードレストラン Schott's。

Butterfly Effect Egg
By Clara Lacy





夕日に照らされたタマゴ、スポットライトのようです。







Fragile
By Richard, Sara and Alexandrina





数年前までお友達が住んでいてよく遊びにきていたこのあたりだったのですが、久しぶりにゆっくり歩いた Mount Streetが変わっていてびっくり。

外観がとても可愛い、Lanvin。







Nympheas
By  Robbie Honey







デリまでできていました、残念ながらクローズしてしまい中には入れなかったのですが、今度チャレンジしてみたいところ。

Egg
By Marc Quinn





New Day
By Mr Hicks vs Marcelina





上のタマゴと似ていますよね。でも違うんです。

Rebirth
By Leyla





Fuego de Huevo(Fire Egg)
By  Bull





1枚の絵のような。

My Baku
By Asmar Narinanvayova













Baku Fairy tale
By Mr Anar Huseynzade






オフィスの中のエッグ。ガラス越しに撮影です。

Life is Beautiful
By  Mr Brainwash





ボンドストリートに向かって移動を開始。
早速、ステラ・マッカートニーのショップの前に可愛いエッグ。

Mayoral Egg
By  Charlotte Brown




その先にもう1個、黒いタマゴ?






逆側はこんな感じ。

The Birth of a Legend
By Theo Fennell






このあたりは、エッグに人が沢山、そのおかげですぐに見つけられます。









The Prince
By  Sarah Foskett






真っ白いエッグ…でもみんな後ろ側にまわっていいます。







こんなのがいました。

Ambush
By Harriet Mead





ナメあしのお気に入りです。







美術品のオークションハウス、Sotheby'sの前に。

Vanitas Vitrified
By  Emma Clegg






こちらは、鞄で有名な、Mulberry なのですが、お気づきになりますでしょうか?






恐るべし、このゲーム!!

Egg & Soliders
by  Mulberry






デパート Fenwick前。

Egg Box
by Wallpaper






日も暮れたのでそろそろやめようかなと思ったら。
輝くウィンドーの中に発見です。








SONIA RYKIELのショーウィンドー。
春夏のコレクションのレース使いとぴったりはまった、繊細なエッグ。


A Cruel Spring
by Amanda Harlech






このエッグもとても繊細。

The Peace Egg
by Suzie Tumer





ビーズを敷き詰めたエッグ。
暗がりの中でパール色に光っています。





Faith Egg
by Gamal Meleka








l

何だか敷居が高い、セレクトショップ Brownsの中にも。

Resurrection
by Polly Morgan








写真を撮る機会もなかなかないので、本日のしめとして、しっかり最後に記念撮影。



| comments(0) |

おでかけ そして The Farberge Big Hunt 2012 24



 

土曜の早朝から、2号が目覚ましをかけて、早起き。こういうことはめったにありません。



今日は2号のお付き合いで郊外まで出かけてきます。「お付き合いだから仕方ないな」なんて言いながらはりきっています。帰ってきたらまた報告しますね。








これは週中に見つけたタマゴ。
どうぞよい週末を。


| comments(0) |

The Farberge Big Hunt 5 〜23 in Covent Garden



2週間前の日曜日は雨が降ったり止んだりな1日。
傘をさしながら、コベントガーデン周辺をエッグハントしながらお散歩してみました。



Moonbow 
By  Bull





Seasons Change  
By  Laura Oakes







レストランBill'sの前に。Angelもそうですが、どんどん支店が増えています。

All that Glitters  
By  Julia Rogera 





Monmouth Coffee を飲みに行こうと思ったらその手前の5差路で。

Egg and Soldier  
By  Steven Wilson


レンズ越しに、もう1個のエッグを発見、お気づきでしょうか?




この衛兵さん、かなり気に入っています。

Busby  
By Rachel Waldron
  *Busby とは礼装の帽子という意味。





Hope 
By  Action for Chirdren Hackney Young Carers


歩きだしたら同じウィンドーのすみっこに、こんな小さなタマゴが。最初、違うかな、と思ったらその横にボードを見つけました。




大きなタマゴばかり気にしていてはだめですね。

Blooming of the Lotus Dragon Egg
By  Lotus Arts De Vivre





コベントガーデン駅の正面にはこのタマゴ。
誰かがおいた本物のタマゴも添えられて。




Kingdom Crossing
By  Caio Locke





The Mighty Moshi Egg
By  Moshi Monsters




アップルストアの前にもありました。

Dinosaurs
By  Rolando Di Sessa Meto





Chicken or Egg?
By Simon Tonks for Rogers Stirk Harbour + Partners

雨のしずくで見えにくいのですが、鮮やかなイエローの上には鶏のとさか。






2号は気になっている、ラルフローレンのRugbyに。ナメあしは更にハント中。

Hiranya Garbha The Golden Egg
By  Shivani Mathur





確かに叩いて割ってみたくなりますね。

Ornament and Abstraction Mask
By  Claude Temin-Vergez





名物の中庭で、歌の催し物のよう、歌声が響きます、観客もいっぱい、そしてタマゴはひっそり・・・。





オペラを熱唱中の彼女。途中で、踊りだします。





ピンクとゴールドそして模様にブルーグリーン、気に入りました。

Street Homage Farberge
By  Zandora Rhodes







シンプルなタマゴだな、と中をのぞいてみると。





One Eye Wide Shut
By  Lingjing Ying




スターウォーズのチューバッカのような。

Gregg
By Brodie Neill






OOOOF 
By  Kate Moross


そろそろお茶が飲みたくなってきました〜。 





お茶をどこで飲もうか、と少し路地を歩いていると、あれ?わかりますか?







まさにこのハントは油断大敵!です。

Mr Egg
By  Quentin Jones





wOL
By  Rebecca Sutherland


沢山のタマゴを見ていたら無性に、ピータンが食べたくなりました。
売っているかは微妙でしたが、ちょうど中華街が近かったので寄ってみます。
数件まわってゲットできました。

さて沢山のピータン、どうやって食べましょう?!
アイディアあったら是非に教えてください。


| comments(0) |

金曜日 そして The Farberge Big Hunt 3.4


今日は花市場の仕入れからスタート。まだ真っ暗、星空の中マーケットに向かいます。
ロンドンは、暖かかった少し前に比べてまた肌寒い毎日。3月、春が近いといえ、三寒四温という言葉がぴったり。ブーツはいて、コートに帽子をかぶります。




少しばたばたして花の写真はないのですが、これは市場の外にある、葉物専門店。切っている葉物や枝、モスなどが並びます。その季節の葉や枝、実ものをみると季節がめぐっていることを実感します。 今日は前日にオーダーしていたはずのファックスが届いていなかったようで、その場で仕入れることになりいつも以上に時間がかかりました。






そのまま活けこみに行き、ビッグベンの前を通ります。
時計をみると、6時20分ですね。8時前まではどこに行くのもスムーズ。渋滞になる前なので、ロンドンの街を縦に横に移動します。 そして数か所終わって、また移動。





トラファルガースクエアの前で信号待ち。ラッキー、たまごを発見。しかもよく見ると右側にももう1つ。しかし今日はクレームや大きな注文があったりでまた花市場に戻ったり、そのまま17時までランチなしのノンストップでした。



| comments(0) |

The Farberge Big Hunt 2





これは、1番と同じ日に見つけたもの、こんな感じに路地もこれから気にしなければ!






各エッグには、タイトルと作家さんの名前入り。

Seasonal Egg     
Milo Tchais


| comments(2) |

The Farberge Big Hunt 1


 

ロンドンの街中を歩くとあちこちでこの卵を見かけます。
イースターにちなんだチャリティーイベント The Farberge Big Hunt

卵は、アーティスト、デザイナー、建築家、ジュエリーデザイナーの方々がデザインしたもの。それぞれの卵の下にはボードがあり、そこに詳細が記され、その中の キーワードをテキスト(メール)すれば、スペシャルな卵(The Diamon Jubilee Egg)が当たるというシステム。期間は4月初旬まで。卵は現在ネットオークションで売られていて、展示期間が終わればそれぞれお嫁いりです。


詳細はネットを見ていただけれわかるのですが。街の中を12のゾーンに区切られていて、サイト内では卵の詳細が記されています。ただ、やはりここは勘と運を信じて、手がかりなしにハントしていこうと思っています。個性的な卵とロンドンの様子をお伝えできればと、いくつアップできるでしょうか。





| comments(0) |